>>人気の動画配信サイトはこちら<<

ドラマ「真犯人フラグ」ネタバレあらすじ・感想・考察・見逃し配信│秋元康原案のSNSミステリー

「真犯人フラグ」ネタバレあらすじ・感想・考察・見逃し配信

2021年10月10日(日)22:30より、日テレ系で始まるドラマ「真犯人フラグ」

2019年に放送され大人気、映画化も決まった「あなたの番です」製作スタッフが再集結して作られることでも話題になっています。

西島秀俊主演のドラマ、「真犯人フラグ」

ハラハラドキドキの展開になることは間違いなさそうです。

リアルSNSでもどれだけ盛り上がるか楽しみですね。

本ブログでは、作品概要はもちろん、気になるネタバレあらすじ、感想、見逃し配信情報などを随時お伝えします。

なお、「真犯人フラグ」の見逃し配信サイトは、HuluとTVerです。

Huluは2週間無料でお試しできますので、ご覧になりたい方はHulu公式サイトからご覧ください。

\14日間おためしゼロ円/

目次(クリックできます)

「真犯人フラグ」作品概要

ドラマ「真犯人フラグ」は2021年10月10日 22時30分から日本テレビ系で放送スタートのドラマ。

2クール連続で放送されることが決まっています。

また、 Huluでのオリジナルストーリーも配信されるとのことです!

\14日間おためしゼロ円/

「真犯人フラグ」出演者

「真犯人フラグ」出演者を紹介します。

相良凌介(西島秀俊)

運送会社・亀田運輸のカスタマーサービス部管理課の課長

温厚な人柄、部下からの人望は厚い。

本隙のインドア派。真面目なお人よし。

団地に住んでいるが、一軒家を建築中のマイホームパパ。

さりな

実は公安っていう裏設定があるんじゃないの?
って放送前から疑っているのは私だけではないはず。

家族関係で不幸が訪れるのは、だいたい
西島さんの定番設定ですよね。

相良真帆(宮沢りえ)

凌介の妻。パートでスーパーのレジ打ちをしている。

いつも明るく、気さくで社交性があり近所の評判もいい。

しかしある日突然子供たちと一緒に姿を消してしまう……

二宮瑞穂(芳根京子)

亀田運輸カスタマーサービス部所属。凌介の部下。

頭の回転が速い。

持ち前の冷静さで事件を推理し、追い詰められた凌介を助ける存在に……。

河村俊夫(田中哲司)

凌介の親友。大学の文芸サークル仲間で、真帆とも知り合い。

今は、人気の主管し「週間追求」の編集長をしている。

凌介から家族失踪の話を聞き、事件を記事にしてネットにアップした。

ぷろびん/徳竹肇(柄本時生)

再生回数があがることならなんでも取り上げる雑食系ユーチューバー。

全く人気のない「ぷろびんチャンネル」をやっている。

凌介の事件をとりあげた考察動画が大当たりして……?

気になる、ぷろびんについての考察はこちらで詳しく取り上げています。

相良家

相良光莉(原菜乃華)

相良家長女。私立女子高の2年生

相良篤斗(小林優仁)

相良家長男。小学4年生。

亀田運輸

太田黒芳春(正名僕蔵)

亀田運輸カスタマーサービス部部長

人望がないせいか、人気のある凌介に嫉妬しがち。

鴨井晴子(小林きな子)

亀田運輸カスタマーサービス部  凌介の部下。

安定した仕事ぶり。

小峯祐二(森田甘路)

亀田運輸カスタマーサービス部

お調子者で小心者。太田黒部長の腰ぎんちゃく。

ドラマ「真犯人フラグ」あらすじ・感想・考察

ドラマが公開され次第、楽しくあらすじを追いかけます。

放送翌日の午前中更新予定です。

「真犯人フラグ」 第1話あらすじ

運送会社、亀田運輸のカスタマーサービス部に勤務する相良凌介。

ある日、仕事に追われた後、帰宅すると家族三人が不在。

携帯に電話してもつながらない。

凌介は大学時代の友人との約束を思い出し、そちらに出向いた後帰宅するが、まだ家族は誰も帰宅していなかった――

凌介は妻の実家に電話を掛けるが、帰ってきてないという。

翌日、警察に失踪届を出すが家出の可能性もあり緊急性は認められないといわれてしまう。

凌介は手がかりをつかむため周囲に聞き取りを始めるが、誰も心当たりはないという。

大学時代の友人、河村に相談。

河村は自身が編集長を務める週刊誌で記事化することを提案。

凌介は時系列を辿り当日変ったことを思い出す。駅で見知らぬ女に声をかけられたことくらいだった。

凌介は記事にすることを承認。

記事として発表されると、悲劇の夫として注目された。

特に、「炊飯器にはご飯が炊かれていた」と発言したことから「炊飯器失踪事件」と名付けられる。

事件が公になったので、神奈川県警が聞き込みに来たが積極的な動きは期待できそうにない。

妻の両親の意見で、息子のあつとにGPSを持たせていたことを思い出す。

調べてみると、サッカー教室にいることがわかり、凌介は両親とともにサッカー教室へと向かう。

夜遅く閉まっているサッカー教室のドアを壊して中を探る。そこには、GPSだけが残されていた。

サッカー教室の監督に不審者と間違えられ捕まるが事情を説明。

しかし、あつとの行方に心当たりはないという。

一方、凌介の事件は話題となっていた。ユーチューバーのぷろびんもその話題に乗っかる。

そして、凌介が胸にさしていたボールペンから勤務先を特定。

さらに、凌介が飲み会で撮影したふざけた写真を探し出し、「あの旦那が殺したんじゃないの?」というのだった。

その発言で、SNSの対応は一変。凌介は真犯人だといわれることにーー

一方そのことをまだ知らない凌介。家族不在の家に帰る気に慣れず夜遅くまで仕事をしていた。

そこに、出した覚えのない荷物がやってくる。

開けてみるとなんとそこには「お探しのものです」と書かれた紙が。

さらに中を開けると、サッカーのユニフォームを身に着けた冷凍遺体があったのだった。

「真犯人フラグ」 第1話 感想・考察

まだ、1話の段階では考察までは至らないかなー。怪しい人が次々に出てきて、心が休まりません。

次週の展開が楽しみですね。

「真犯人フラグ」 第2話あらすじ

『お探しのものです』と書かれた荷物が凌介宛てに届いた。中に入っていたのが少年の冷凍遺体だったことから、ついに警察は動き出す。

そして、ぷろびんのYouTube動画も手伝い、凌介は犯人扱いされる。

カスタマーサービス部にもクレームの電話が鳴り響く。

凌介は団地の住民たちからも白い目で見られる。

その中で、真帆のママ友の朋子が凌介に声をかけてきた。

朋子はこちらに引っ越してきたばかりでなかなかなじめなかったときに真帆にやさしくしてもらって感謝しているのだという。

そんな中、凌介に届けられた遺体は、篤斗とは別の少年のものであることが判明。

しかし、身元はわからない。

凌介の元に建設会社の林が訪れる。家の工事を延期したらどうかというが、凌介はこのまま続行してほしいといった。

凌介は残業してあれこれ調べていた。二宮も一緒に調査を手伝ってくれた。

お礼に凌介は日野の店に二宮を連れていく。そこに河村が来た。

河村は客のふりをして居座る同業者(雑誌記者)たちを帰した。

凌介はそこで、これまでにわかったことを話す。

① 真帆:失踪当日の17時13分にパート先のスーパーを出る姿が防犯カメラにうつっていた
② 光莉:16時17分に自宅の最寄り駅の改札のカメラで確認できた
③ 篤斗:16時45分に通学路の河川の監視カメラにうつっていた

二宮は、トラックのドライブレコーダーでその後の足取りがつかめるのではないかと提案する。

凌介と二宮はこっそり会社の安全管理部のデータを盗み見る計画を立てる。

なんとか成功するものの、途中で凌介の元に林から電話がかかった。

すぐに、建築予定地に来てほしいという。わけもわからず現場に駆け付ける凌介。

コンクリートを埋めた中に、娘のものと思われるローファーが突き刺さっているのを目の当たりにして震え上がったのだった。

「真犯人フラグ」第2話感想・考察

登場人物が多くなって、怪しい人が増えてきましたね。

そもそも、まだ語られていない凌介の闇があるのかもしれない……と考え出すときりがないのでひとまず置いておくとして。

・凌介に荷物を届けた配達員

・突然声をかけてきて「真帆にお世話になったから」という朋子

・どこまでも課長の味方をする二宮瑞穂

あたりが怪しく見えています……

「真犯人フラグ」 第3話あらすじ

新居の基礎コンクリートから覗く片足のローファーは、娘のものであることが判明。

蒼白になる凌介。

また、二宮はドライブレコーダーの中から、家族三人のものと思われる映像を見つけていた。

妻の顔は傘に隠れて見えないが、凌介は間違いないという。

これは、篤斗がサッカー教室に行く直前の17時18分の映像だった。

凌介は再び、林から新居の建築を中断するよう勧められたが、なんとしても家を建てたいというのだった。

しかし、凌介は知らないが、これは林の上司、井上(戸田昌宏)からの命令でもあったのだ――

そんな凌介の元に、「事件についてお話したいことがあります」というメッセージが届く。

凌介は二宮と相談して、日野の店『至上の時』で会うことにした。

そこに現れたのは、ベンチャー企業『プロキシマ』の社長・一星(佐野勇斗)

彼は、凌介の娘、光莉と付き合っているというのだ。

混乱する凌介。

一星のもとには、光莉からの「たすけて」というメッセージが届いていこう、連絡が取れなくなっているという。

SNSでは、ぷろびんにより、凌介の娘のローファーが見つかったことや、凌介が大学時代に書いた小説のことが話題となり拡散されている。

亀田運輸サービスには、凌介の元に嫌がらせめいた荷物が届くようになってきた。

そんななか、クレーマーのバタコからは、二宮宛に「花が咲けば願いが叶う」という謎の土が送り付けられる始末。

すっかり参った凌介の家に、河村と日野が訪ねてくる。

そのころ、二宮は一星にドライブレコーダーの映像を見せていた。

一星はその女子高生を光莉と思うという。

また、一星はローファーが埋められていたという情報を流した人を、アカウント名「をんぬむ」だと突き止めた。しかし、それ以上のことは調べられなかった。

そんなとき、 光莉の携帯電話に電源が入ったことがわかる。二人はカップル専用アプリを使ってGPSで互いの居場所がわかるようにしていたのだ。

凌介、二宮、一星はGPSを追って群馬県の山中へと向かう。凌介は河村にも連絡していた。

スマホがあるのは薄暗いトンネルの奥。

こわごわとそこへ進むと、凌介に突然拳銃が突き付けられた。

そこにいたのは、同じく光莉のスマホのGPSを追って駆け付けた警官、阿久津と落合だった。

警察は周辺の捜索を始める。そこに、河村たちも駆けつけた。

トンネル入り口付近で、真帆の結婚指輪が発見された。

署に戻った阿久津に匿名の情報が届く。

真帆は失踪直前、生命保険に入り受取人は凌介になっていた。

――一方。どこかの誰かの部屋でお経が流れている。

凌介の遺影がおかれ、位牌に“簒奪院盗幸不和離苦信士”と、戒名が刻まれていた。

遺影に手を合わせているのは――誰?

☑ 一星は光莉と付き合っていた!

☑ 亀田運輸のドライブレコーダーに失踪前と思われる三人の姿を発見

☑ 群馬の山中で光莉のスマホが発見された

☑ 凌介の遺影に手を合わせているのは誰?

「真犯人フラグ」第3話感想・考察

ストーリーはぐいぐい進んでとっても楽しく拝見しています。

すべてがミスリードだったり、とんでもない落ちだったりしたら考察しがいもないんだけど……。

どうなんでしょう。

今回気になった怪しい人

・突然出てきた林の上司

・凌介の娘の恋人だと言い張る、IT社長

そして、サッカー教室の山田コーチと朋子さんとが、会話を交わしていたのも気になりすぎて。

次回が楽しみです!

「真犯人フラグ」第4話あらすじ

真帆たちが失踪して三週間たった。

凌介が真帆の保険金の受取人になっていたことが、ネットで拡散。

そのうえ、光莉と篤人にも保険金をかけていたのではないかというデマが広がり、凌介は真帆の両親に問い詰められる。

しかし、凌介はなんとか事実を説明し両親を納得させた。

一方、警察の捜査により真帆の指輪が発見された現場から犯人のものと思われる足跡が見つかった。

それは、24cmの女性の足跡だった。犯人は女性なのだろうか――?

また、光莉がストーカー被害を受けていたという情報も入ってくる。しかし、警察が聞き込みを重ねても具体的な話は見えてこなかった。

一方、ぷろびんのアカウントがガイドライン違反でBANされる。ぷろびんはさらなる注目を集めるためにどうすればよいか頭を悩ませる。

亀田運輸には苦情電話が殺到。大阪本社にまで抗議が殺到したため、凌介は記者会見で身の潔白を説明するよう求められたのだ。

しかし、記者会見ではなんと、不倫現場写真をつきつけられる!

凌介は「名前も分からない人がネット上に投稿した裏付けのない憶測については、私は違うとしか答えられません。
皆さんがご自身で調べられた上での質問でしたら、私も根拠を示してしっかりと答えたいと思います」と答え、ピンチを切り抜けようとした――

会見が終わろうとしたまさにそのとき、ぷろびんが新動画を配信。

それは、「亀田運輸は冷凍遺体が届けられたことを隠蔽している」というものだった。

会見は打ち切り。結局凌介の不信感はぬぐえないままとなってしまった。

また、会見を見ながら包丁を研ぐ女性の姿もピックアップされる。

林は上層部から、相良家の家の建設をストップするよう命じられる。

上司は社長命令だという。さらに「騒ぎが大きくなるとあっちのプロジェクトから外される」と付け加えるのだった。

凌介は上から出社停止を命じられる。

また、冷凍遺体のニュースを見て、子供が行方不明になっている親たちが警察に押しかける。

疲れた凌介の家のドアには「要冷凍」のシールがべったりと貼られていた。凌介ははがす気力も起きない。そんなところに、菱田ががめ煮を持って訪れる。それは、真帆から教えてもらったものだという。

菱田に半ば無理やりがめ煮を食べさせられながら、凌介は過去の幸せだった日々を思い出す。

IT社長の一星は、話したいことがあると凌介に連絡。

『至上の時』で顔を合わせることに。日野、二宮、そして河村が着た後に一星がやってくる。

河村は唯一「凌介以外に真犯人がいる」という目線で記事を書いているため、凌介から感謝される。

一星は、冷凍遺体をツイートした「ミシシッピアカミミガメを守る会副会長」と「をんぬむ」が同一人物だったことを突き止めていた。しかし、肝心の正体はつかめない。

凌介が家に帰ると、「要冷凍」シールがはがされていて、菱田から「困ったことがあったらいつでもいってくださいね」とのメモがはられていた。凌介はお礼のラインを送る。

その菱田家では、子供が探し物をしている。

押入れを開けて、彼の目が釘付けになる。菱田は押入れをしめ、「し~~っ」と、いい人差し指を唇の前にたてるのだった。一方、凌介の家の窓ガラスが割れ、サッカーボールがけりこまれた――!

☑ ぷろびんに冷凍遺体をリークしたのは誰?

☑ 菱田家の押し入れには何が入っている?

☑ 包丁を研いでいるのは誰? それは何のため?

☑ 凌介の家(4階)の窓ガラスを割りサッカーボールをけりこんだのは誰?

「真犯人フラグ」第4話感想・考察

一週間お休みでしたが、ついに再開。

気になる情報が多すぎて、どこに注目したらいいか迷いますよね。

あらすじには書いていませんが、猫を飼っている女性が林に、「ローファーを埋めた女性見つかりました?」というのもかなるぞわっとしました。

でも、彼女はそのことについて「猫」から聞いたといっているので信ぴょう性のほどはわかりません。

怪しい人物として、今考えられるのは次の人たちでしょうか

・菱田

・サッカー教室の監督

・不倫を匂わせる女

・なぜか相良家の建設を辞めさせたい林の上司

・ものすごく凌介に近づこうとする二宮

そしてもちろん、自ら姿を消したのだとしたら、真帆も怪しい人物として挙げられるでしょう。

河村、日野、そして凌介本人など疑っていくときりがないんですけどねー。

ネット上では林を怪しんでいる人もいます。真帆と不倫をしていたんじゃないか、というのがその原因。

個人的に警察が犯人――っていうのは、あんまり好きなパターンじゃないのでおいておきますが何故か突然阿久津が自分の過去を語り始めたのが気になります。

また、凌介に冷凍遺体を届けた配送員の望月も怪しげな様子がちょいちょい差し込まれるのが気になりますよねー!

個人的には、菱田が一番怪しいと思っているのですが、一方でさすがに20話近くもある作品の4話目で怪しい人は犯人じゃないんだろうなーという、歪んだ読みをしているところです。

この流れだと、「凌介」あるいは「二宮」が犯人なのがしっくりくるけど、探偵ものとしては主人公や助手が犯人なのは、禁じ手の部類なのでやはりそれも好きじゃないです……

ただし、今回途中で二宮が凌介に「課長は小さいものをなくしがちですよね」と言ったのがひっかかります。今までそんなに小さいものをなくしてきましたっけ……? 第一話のボールペン(ボールペンを持っていなかったこと)くらいしか思い出せません。ここに何か、まだ明らかにされていない二人の過去があるのでしょうか?

次の放送が楽しみです!

「真犯人フラグ」第5話あらすじ

凌介(西島秀俊)の家にサッカーボールが蹴り込まれた。

篤斗(小林優仁)のものだと思った凌介は、サッカー教室、コーチの山田(柿澤勇人)に話を聞きにいく。山田によると、篤斗は失踪直前にサッカーボールを持って帰っていたという。つまり、誘拐された時点で篤斗はサッカーボールを持っていた可能性が高い。犯人はどうして、ボールを返したのか?

サッカー教室を出た凌介を、謎の男(前野朋哉)が見つめていた――

ドラマ「真犯人フラグ」見逃し配信

「真犯人フラグ」は見逃し配信されています。

放送後一週間はTVerで。

まとめてみるなら、 Hulu で。

\14日間おためしゼロ円/

ドラマ「真犯人フラグ」まとめ

真犯人フラグは原作無し!

秋元康企画考案、高野水登脚本のミステリードラマ。

家族が失踪した相良凌介だが、SNSで話題となり、次第に「凌介が犯人では?」と追い詰められ行くーー

という、話になるようです!

2クールなので、時間はたっぷりありますね。

みんなでSNSでわいわい盛り上がりながら楽しんでいきたいドラマです。

西島秀俊さんが他にどんな作品に出演予定か気になる方は、こちらの記事もあわせてチェック!

「真犯人フラグ」ネタバレあらすじ・感想・考察・見逃し配信

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

映画大好きな主婦

楽しく手軽にお得に
映画を楽しむ方法を
提案していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(クリックできます)
閉じる