>>人気の動画配信サイトはこちら<<

ドラマ「珈琲もう一杯いかがでしょう」あらすじ・感想│Paraviで楽しむ特別なひととき

ドラマ「珈琲もう一杯いかがでしょう」あらすじ・感想

大人気漫画「珈琲いかがでしょう」がテレビドラマ化されました。

放送開始日は、2021年4月5日(月)23:06~23:55 放送局はテレビ東京系です。

見るだけで珈琲が飲みたくなり、さらに気持ちまで癒されると話題沸騰中。

このドラマには、アナザーストーリーがあります。

Paraviで絶賛放送中。

早速私も見てみました。見る価値ありですたよ!こちらの記事では、ネタバレはほどほどのあらすじと感想をお伝えします。

素敵なドラマをご自身で楽しみたい方は、是非、Paravi でご覧ください。14日間は無料でお試しできます。

\14日間無料で楽しめる/

目次(クリックできます)

ドラマ「珈琲いかがでしょう」本編について

ドラマ「珈琲いかがでしょう」は、中村倫也さん演じる青山一が主人公。

青山は、移動販売車で珈琲を販売しています。

その珈琲はとても丁寧に淹れられていて、日常に悩んでいる、日常につかれている人たちが青山さんの珈琲と出会い癒されていく物語。

ストーリーはオムニバス形式になっていますので、途中からでも楽しむことが出来ます。

その一方で、青山さんにも何やら人に言えない過去があるらしく――?

癒しとドキドキとのバランスが絶妙なこのドラマ本編について、詳しくはこちらの記事で紹介しています。

出演者情報や、各話のネタバレあらすじも掲載していますので、興味のある方はご覧ください。

オリジナルストーリードラマ「珈琲もう一杯いかがでしょう」

「珈琲もう一杯いかがでしょう」は、ドラマだけの「オリジナルストーリー」となっています。

原作にも出てこないお話なので、気になる方はぜひ、独占配信中のParaviでご覧ください。

最近のアナザーストーリードラマは主人公が別の人になりがちですが、こちらのドラマは中村倫也さん主演

ドラマ本編のその後が語られています。

「珈琲もう一杯いかがでしょう」【第1話:冒険とスパイスと珈琲】あらすじ

青山(中村倫也)と美咲(貫地谷しほり)による、ドラマの続きのお話となっています。

場面は、ガラムマサラを入れたカフェオレを美咲が飲んでいるところから始まります。

なかなか冒険に出ることのできないことを憂う美咲に、青山が話しかけます。

「裏道って意外と広いのかもしれませんよ」

そして「たとえば、その裏道がメキシコに繋がっていたとします」と、話し始めました。

「メキシコはとても危険」と遮ろうとする美咲に対して話を続けます。

「メキシコでは珈琲にシナモン、黒糖を入れて鍋で煮て飲むのが定番なんです。名前はカフェ・デ・オジャ。

甘めな珈琲ですがシナモンの香りのおかげでくどく感じない」

また、次に別の珈琲の紹介。

「黒コショウ、シナモン、クローブ、しょうが、なつめ、カルダモンをブレンド。クリームと砂糖を入れて混ぜて飲む。モロッコの普通の家庭の味」

そして、

「メキシコやモロッコではこれが冒険出なく普通の味。

あなたが裏道だと思っている道は、その国の人が普通に歩く大通りに過ぎないのかもしれません。

世界のスパイス珈琲でもう少し裏道に踏み入れてみますか?」

と、誘うのですが

「美咲はもう珈琲でおなかがタプタプで、すみません」と、断る美咲。

車で連れて帰ろうという青山に対して、美咲は自分の足で歩いて帰ると宣言した。車で戻ると、また元の普通のベージュの世界に戻ってしまう気がするというのだ。

美咲の顔には満面の笑みが浮かんでいた。

(某所でキャンディをカリッとかみしめながら笑みを浮かべる磯村。キャンディの包み紙を大量に使いとある文字を作っていた。)

夜、移動販売車を片づけている青山。そこに、裏道を歩き回っていた美咲が帰ってきた。

「どうした?裏道の先に何かありましたか?」

青山の質問に対し、美咲は裏通りの楽しかったことを一つずつ話して聞かせる。

そして、美咲は購入してきたものを青山に見せた。

しかし、どうやら、青山はそれらがとっても苦手なようだ。テンションの高い美咲はそれを両手に持って、走って逃げる青山を追いかけるのだった。

(一方磯村は匂いをかぎながら、何かを探しているが、臭いにおいをかいで立ち止まるのだった。)

※磯村さんはまだ役名が作品内で明かされていないのでこのように表記させてもらっています。ご了承ください。

「珈琲もう一杯いかがでしょう」【第1話:冒険とスパイスと珈琲】感想

美味しそうなスパイス珈琲が紹介されました。

私もぜひ作ってみたいです。

ドラマの時間は13分と短めですが、それを感じさせないくらいボリュームがありました。

次回も楽しみ!

皆様の感想はこちらです。

青山さんが「本編以上に可愛かった」

さらに癒された、と言った感想がたくさん見受けられました。

さて今回の記事では、一部ネタバレは省略して紹介しています。

ドラマ本編を楽しんだ後に、是非、こちらも楽しんでみてはいかがでしょうか?

中村倫也さんの笑顔、そして、貫地谷さんとの鬼ごっこ。

はたまた、磯村演じる謎の男が包み紙で描いた「とある文字」

是非、ご自身で確認していてくださいね♪

「珈琲もう一杯いかがでしょう」【第2話:ラテアートは夢の入り口】あらすじ

物語は、礼(臼田あさ美)が、磯村勇斗に青山の絵を描いて見せたところから始まる。

絵を久しぶりに描いた礼は部屋を片付けはじめる。

そこに、タイジ(小柳友)とヨウスケ(小柳心)がやってきた。

ヨウスケは、青山の目はやべえと力説する。

ヨウスケは以前はラップをしていたが、色々あって諦めた。

タイジはラジオDJになる夢があったという。

礼はタイジとヨウスケにエスプレッソを淹れる。苦くて飲めない二人のために、礼はミルクを温めカプチーノに変えてみせた。

タイジとヨウスケを部屋から追い出した礼は、ラテアート作りに夢中になる。

そして、礼は絵画に夢中になっていた若い頃を思い出し、思い切ってヤイ子に電話をかけるのだった。

「珈琲もう一杯いかがでしょう」【第2話:ラテアートは夢の入り口】感想

ドラマの後の余韻を自分で想像するのは好きな時間だけど、こうしてアナザーストーリーとして見せてもらえるのもそれはそれで楽しいなと思いながら見ました。

三人のストーリーがメインなので、あらすじからは除外しましたが、合間合間であざと可愛い中村倫也さんが楽しめます。

合間に、ちょくちょくスマホを雅のもとに届けるために車を走らせる青山(中村倫也)の様子もみれますよ!

中村倫也さんの、くしゃみが可愛いツイートがいっぱい!

ぜひ、ご自身で確認していてくださいね♪

「珈琲もう一杯いかがでしょう」【第3話:珈琲焼酎とアニキの幻】あらすじ

物語は、青山がアケミの店を出ていった後から始まる――

アケミの店が終わり、常連客の女性たちは三人でわいわい話しながら歩いていた。

話題の中心はもちろん、「突然いなくなったイケメンヘルプの青山さん」のことだ。

それを聞きつけたぺいが、三人に声をかける。

常連女性の一人田中が、ぺいに「飲みながら話そう」と声をかけた。

なんと、田中はアケミの店の合いかぎを持っているというのだ。

田中はぺいに店の酒をふるまう。珈琲焼酎は苦くて飲めないというぺいに、田中は「あまあまいちごミルクのソーダ割」お酒をふるまった。

ぺいは店内の匂いをかいで青山の痕跡を辿る。

ぺいは田中に、礼が書いた青山のイラストの写真を見せた。

しかし、田中は誤ってその写真を消してしまう。ぺいがせめているところに、二人の友人が助けに来た。

三人はかわりに青山のイラストを描くが、それは少し実写とは違うタイプのイラストとなってしまったのだった――

「珈琲もう一杯いかがでしょう」【第3話:珈琲焼酎とアニキの幻】感想

今回、青山が出てきたのは冒頭一回でした。

このまま少しずつ減っていっちゃうのかなーー?

とはいえ、本編よりはずっとサイドストーリーで観るペイの方が青山に近づていますよねー。

コメディタッチで楽しく仕上がっています。

磯村勇斗演じる、ぺいがかわいいーーっという感想多数でした。

「珈琲もう一杯いかがでしょう」【第4話:その男、珈琲お断り!】あらすじ

時系列としては、本編よりも少し前になります。

モタエのカフェに青山が到着するよりも前、フラフラとやってきたのはぺいだった。

モタエは若い頃、付き合っていた男がいた。

この辺りにツーリングできて、自販機で甘い珈琲を買って渡したが、男は「ブラックコーヒーが好き」と言ったのだった。次の機会にはブラックコーヒーを渡そうと思っていたが、その機会が来るより前に、男はモタエの元を去ってしまったのだ。

モタエは、いつか男がこの店に来ればと思い、ここにカフェを開いたのだった。

そんなことを思い出していたら、空腹でふらふらのペイが倒れこむように店に入ってきた。

モタエは彼なのではないかと心を躍らせつつ、倒れたぺいを椅子に寝せ、食事の支度をする。

目覚めたペイは、嗅覚の良さを披露しつつ、美味しそうに食事を平らげた。

モタエは食後のコーヒーを入れるが、ペイは珈琲は甘くしないと飲めない、と断る。

モタエは(わかってはいたものの)彼ではないのね――と、がっかりしつつも、どこかホッとするのだった。

「珈琲もう一杯いかがでしょう」【第4話:その男、珈琲お断り!】感想

カフェのロケーションがとても素敵で、光浦さんの演技もすごく良かったです。

本編とはまた、別の空気が流れている素敵な作品でした。

モタエさんの料理が美味しそう。ぺいの美味しく食べる様子が良かった!

といった感想満載でした。

「珈琲もう一杯いかがでしょう」【第5話:珈琲女子会の夜は更けて…】あらすじ

垣根は青山の珈琲を魔法みたいに美味しい珈琲だっと思う。

モタエはワークショップの後、垣根を誘う。

モタエはついに韓流ドラマにはまってしまったという。

そして、韓国ではやっている珈琲にも手を出したという。

それにはインスタントコーヒーを使うので、他の人には秘密にしておきたいとのことだった。

インスタントコーヒー 大匙2
砂糖 大匙2
お湯 大匙2

それをしっかりと泡立てる。

ミルクの上にホイップ下それを置くとダルゴナ珈琲の出来上がり。

それは、甘くてとても美味しい珈琲だった。

笑って打ち解けた垣根に、モタエは片道三時間半かけてこのワークショップに通う理由を問う。

垣根は「特別な一杯を淹れてくれた人にまた会いたい」と笑う。

モタエは「珈琲を含めたその人に夢中」なのだと心の中で思う。

そこで、コーヒールンバの歌詞を持ち出して「珈琲は媚薬、恋をする飲み物」だと伝えるが、垣根にはいまいち意味が通じないようだった。

そして、モタエはまた、おいしそうに食事を食べてくれたぺいのことを脳内で思い出すのだった。

次にモタエが取り出したのはコーヒーリキュール。

二人はコーヒーリキュールで始発まで盛り上がったのだった。

「珈琲もう一杯いかがでしょう」【第5話:珈琲女子会の夜は更けて…】感想

ダルゴナコーヒー美味しそう!

ストーリーの最後にレシピが改めて出てくるので、普段は珈琲豆派の私も、インスタントコーヒー買っちゃおうかな、と思いました。

突然のナレーション青山にもときめきした。

コメディタッチなお話だったので、光浦さんがぴったり!という感想がたくさん。

ここでは紹介しませんでしたが、モタエの脳内ぺいの様子はぜひ、ご自身でご確認ください。

本編とはまたテイストが違い、思わず笑顔になれる素敵な作品はParaviで楽しめますよ!

「珈琲もう一杯いかがでしょう」【第6話:ぺいの奇妙な珈琲レッスン】あらすじ

アニキ(中村倫也)が珈琲にはまっていく様子に恐怖を覚えるぺい。

ついに、自分の足でたこ師匠の元へと足を運ぶ。

しかし、言葉遣いは改めないし、珈琲の旨さもわからない。

ついに業を煮やして、脚本家の池田鉄洋が姿を現し、脚本を手渡すことに――!

「珈琲もう一杯いかがでしょう」【第6話:ぺいの奇妙な珈琲レッスン】感想

ドラマというよりは、脚本家(池田鉄洋さん)まで出てきて、コント仕掛け回でしたねー。

本編との降り幅の差に驚く人続出ですよー!

本編では辛い感じのぺいくん(磯村勇斗)でしたが、こちらでは楽しく笑えるので、ぜひ笑って癒されてくださいねー!

「珈琲もう一杯いかがでしょう」【第7話:珈琲と青山をめぐる三角関係】あらすじ

場面は中華料理屋にぼっちゃんが青山、垣根、ぺいの三人を連れ込んだところの三時間前。

夕張がブレーキを踏み、車は大きく揺らぐ。

ぼっちゃんはトラもんが死んでいないか心配していた。

そのころ、ぺいと垣根はすでに中華料理屋にいた。

垣根は「珈琲はないですよね?」といい、ぺいは「珈琲は泥水みたいだし、くさいし料理にはあわない」という。

垣根は「パンに合う」というが、ぺいは「パン以外にあわない」と返す。

そこで、垣根とぺいは中国茶を飲むことにした。

ぺいに「なんであんたまでここにいるの?」と聞かれた垣根は「青山さんに会えると聞いて」と笑う。

特に迎えに来た相手がヤクザかどうかも気にしてなかったという。

ペイは垣根に「最後の晩餐になるかもしれねーから、食べようぜ」と言い、二人は大量の中華を頼んだ。

もくもくと食べるぺいと、静かに料理を眺める垣根。

垣根は「青山さんに会えると思うと食欲がわかない」と言う。

ぺいに「そんなにあいつのことが好きなのか?」と聞かれて、「青山さんの淹れる珈琲は、丁寧誠実で、寄り添うように淹れてくれるから好き」と熱く語る。

そして、義理と人情を感じる任侠の珈琲であることを、映画で観た(高倉)健さんに例えて、ひたすら熱く語るのだった。

一方ぺいは、珈琲と出会う前の真っ黒だった青山について熱く語る。

互いに違うベクトルで熱く語る二人。そのうち、垣根も中華を食べ始めるのだった。

「珈琲もう一杯いかがでしょう」【第7話:珈琲と青山をめぐる三角関係】感想

かみ合っていそうで全くかみ合っていない、ぺいと垣根との会話面白かった!

青山のファンが二人集まって、押しについてひたすら熱い思いを語る回です。

珈琲メインのドラマですが、出てくる中華料理も美味しそうでしたよー。

深夜におなかすいちゃいますよね。

「珈琲もう一杯いかがでしょう」【第8話:たこ珈琲、まさかの新装開店!?】あらすじ

場面は、本編の終了時。

ぺいが、たこ珈琲の手伝いをしている所から始まる。

青山が数日間珈琲豆の買い付けで留守にするので、その間の店番をぺいに任された。

相変わらず苦い珈琲は苦手だが、砂糖を入れれば飲めるようになったぺい。

開店準備をしていると、垣根がやってくる。

話をして、垣根は帰っていく。

次に、女子高生が、そしてそのずっとあとにおじいさんがやってきた。

どちらも店名につられ、「たこ焼き」を求めてやってきたのだ。

ついにぺいはタコ焼き器を買い求め、たこ焼きをはじめる。

人気上々だが、珈琲豆を手に入れた青山から電話が入り、「そろそろ帰る」と言ってきたのだ……!

「珈琲もう一杯いかがでしょう」【第8話:たこ珈琲、まさかの新装開店!?】感想

間に入る会話が、ぺいらしさが滲み出ていてテンポも良くて面白い!

それにしても、苦手な珈琲も店番任されるほどの味でいれられるし、たこ焼きもすぐに手際よく作れるしで、ぺいくんかなり器用ですね。

テンポの良い会話など、細かいところはぜひ、Paraviで確認してくださいね。

本編とは違うベクトルの会話、楽しめるのはParaviだけ。

\14日間無料で楽しめる/

「珈琲もう一杯いかがでしょう」まとめ

・ドラマ「珈琲もう一杯いかがでしょう」は、漫画にもない特別なオリジナルストーリー

・主役は本編ドラマと同じく、中村倫也さん。

Paravi で独占配信中。 もちろん、「珈琲いかがでしょう」ドラマ本編も全話配信中。

Paraviについて詳しく知りたい方はこちらの記事で登録方法や特徴についてわかりやすく紹介しています。

ドラマ「珈琲もう一杯いかがでしょう」あらすじ・感想

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画大好きな主婦

楽しく手軽にお得に
映画を楽しむ方法を
提案していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(クリックできます)
閉じる