>>人気の動画配信サイトはこちら<<

「シャン・チー/テン・リングスの伝説」はIMAX、4D、2D、どっちで観る?特典は?

映画「シャン・チー テン・リングスの伝説」は2021年9月3日公開のマーベル(MCU)作品最新作です。

最強の力を持ちながらも、その力を秘めて生きてきたシャン・チーの活躍が見どころのアクション映画。

マーベルシリーズでアジア系ヒーローが主人公になるのは初めてなのでとっても楽しみ!

今回は、そんな「シャン・チー/テン・リングスの伝説」をIMAXで観るか4Dで観るか、それとも通常の映画館で観ようか迷いますよね。ドルビーシネマでもやっています。

それぞれの違いと、オススメについて解説します。

臨場感を味わいたいならIMAX
なぜなら、画面が大きく音響も良いため「迫力」が別格だからです。

・動きを体感したい方は4D (MX4D/4DX)
こちらは、動きや熱、水などを体感することができます。こちらの作品では、水しぶきや激しい動きが期待でき、遊園地のアトラクションに近いイメージで、作品を楽しむことができます。アクションを思う存分リアル体験したい人はこちらがおすすめ!

リアルなサウンドを楽しみたい人はDolby Cinema
リアルで自然な音場と圧倒的映像美が楽しめるのがドルビーシネマ。座席数も少なく、映画に没頭できます。

映画鑑賞に必要以上のお金をかけたくない、ストーリーが楽しめればOKの方は通常版
比較するから気になるのですが、ストーリーが楽しめれば充分と言う方は通常版という選択ももちろんありです。

目次(クリックできます)

「シャン・チー テン・リングスの伝説」 をIMAXで観るのが一番オススメの3つの理由

IMAXは、大画面、素晴らしいサウンドで映画を体感できます。

そのため、迫力を感じたい人はIMAXで観るのをオススメします。

また、シャンチーは、全編IMAX認証デジタルカメラで撮影された作品です。IMAX以外のシアターで観ると上下カットされてしまうので、そこにこだわりたい方にもIMAXをおすすめします。

実際に、同じ映画を普通の映画館とIMAXとで見比べてみた感想です。

色々ありましたが、特に感動したのはこの3点でした。

☑ 画面が大きくて迫力が桁違い

☑ 画面が動いているのに、自分が動いているような錯覚を感じ、映画を「体感」できる

☑ 大きな音はより激しく響き、小さな音も漏らさず聞こえる

実際に数本、同じ内容の映画を、IMAXと普通の映画館とで観たのですが、何もかもが桁違いでした。

普通の映画館って、自分が外からその世界を見ている……という感じですよね?

IMAXの場合は、スクリーンの中に自分が入ってそこで体感している感じがしたのです。リアルさ倍増!

「シャン・チー テン・リングスの伝説」 は、アクション映画。予告を見ても、カンフーの動きに目が釘付けになります。

また、マーベル映画と言えば、どの作品も気合が入っていて大掛かりで見ごたえがありますよね!

そんな、大掛かりなアクションを心行くまで楽しみたい方には、迫力のあるIMAXがおすすめです。

また、大音量が楽しめるのもIMAXの特徴です。アクションについてくる効果音や映画を盛り上げる音楽の数々を、ここぞとばかりに大音量で聞くことでテンションが上がる人も多いはず!

自宅では絶対に再現できないような爆音を耳に、大迫力の映画に思いっきり浸ることが出来るのもIMAXの魅力です

「シャン・チー テン・リングスの伝説」 IMAXおすすめの理由①:画面が大きい

IMAXのスクリーンは画面が最大限広く使われています。

また、弓を引いた時のような感じで曲がっていて、座席もそれに応じて配置してあります。

つまり、どの席からでも見やすい映像、聞きやすい音響を楽しむことができるため、普通の映画鑑賞時と比較して、迫力が桁違いなのです。

「シャン・チー テン・リングスの伝説」 IMAXおすすめの理由②:サウンドシステムの充実

IMAXでは、独立した5つの音声チャンネルを持つ専用スピーカーや高度なチューニング・システムによって精密なサウンド調整が実施されています。

つまり、シアター内のどのシートに座っても、理想的にコントロールされたクリアなサウンドが満喫できるのです。

これにより、大きな音はより迫力の増すものになっています。また、針が落ちたような小さな音も、漏らさず響く仕組みになっています。

エマ

もちろん、大きな音が「うるさすぎる」と感じたことはないので安心してね

「シャン・チー テン・リングスの伝説」 IMAXおすすめの理由③:臨場感を体感できる

画面が大きくて音が圧倒的に良い空間で何が起こるかというと「臨場感を体感」することができるんです。

実際に私は、「これって自分が動いている?」と感じたことが何度もあります。

それは、車や電車に乗っているときに隣の自動車(電車)が進み始めたにもかかわらず、自分がバックしてしまったかのように感じるのと同じ現象でした。

まさに、映画の中で作品を体感できる幸せに浸れるのが、私がIMAXをオススメする一番の理由です。

IMAXについてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

「シャン・チー テン・リングスの伝説」 IMAXは特典付き!

「シャン・チー テン・リングスの伝説」は、IMAX限定特典としてミニポスターがついています。

他にも、劇場によっては特別な特典がついているところもありますよー!

ミニポスターが欲しい人はIMAX一択ですね!

「シャン・チー テン・リングスの伝説」 をMX4D/4DXで観る場合のポイント

MX4D/4DXは、劇場の座席が動いたり、熱や水、香りなどを感じることができるシステムです。

その分、お値段も高くなります。

映画を鑑賞するというよりは、アトラクションを体感するのに近い感覚になるんです。

「シャンチー」は、動く要素がたっぷり詰まったアクション映画!

アクションを動き込みでたっぷり楽しみたい方にはおすすめです。激しい動きもスパイスにして映画を楽しめる人におすすめ。ただし、一回目の視聴で4Dにする場合、動きに集中して話が全部入ってこないこともあります。

また、4Dは吹替メインで字幕がないものも多々あるので、「絶対に字幕派」の場合は事前に「字幕か吹替か」を確認しておきましょう。

MX4Dと4DXでは体感できることに若干の違いがあります。

MX4Dと4DXは開発した会社が異なります。

MX4D…アメリカ MediaMation社

4DX……韓国   CJ 4DPLEX社

MX4D/4DXの比較早見表

MX4D4DX
上映館数
(2021.3.20調べ)
21
(TOHOシネマズ中心)
58
(内訳は下記記載)
モーション
(座席の動き)
水(ミスト)
エアー
香り
フラッシュ
バブル×
×
×
×
熱風
シートホッパー(突き上げ)×

※注意:特に△印は、各劇場により差があります。事前にご自身でも各サイトにてご確認ください。


4DX取り扱いのある映画館は下記の通り(2021年3月21日調べ)

  • コロナワールド(9店舗)
  • シネマサンシャイン(8店舗)
  • ユナイテッド・シネマ(17店舗)
  • 109シネマズ(10店舗)
  • イオンシネマ(7店舗)
  • USシネマ(5店舗)
  • アースシネマズ姫路(1店舗)
  • フォーラムシネマネットワーク(1店舗)

MX4D/4DXの比較感想

実際に両方の映画館で見てみた感想はこちらです。

4DX派:動きが激しいので、アトラクション、遊園地好きには楽しい。

MX4D派:乗り物酔いするタイプなので、4DXは激しすぎたのでMX4Dが良かった。

他にも、香ってくる香りも違いがありました。

また、Twitter上での感想比較も集めましたので、是非参考にしてください。

両方見た方の中では、4DXの方が好きという意見が多かったです。

けれど、好みもありますし、近くにどちらかがあるのならばわざわざ遠出をしなくても良いとも思えます。

MX4D/4DX「どっちで見るか迷った場合」

二つを比較した場合、4DXを推す人が多いです。MX4D、4DXが選べる場合は4DXをおすすめします。

しかし、近くにどちらかの映画館しかない場合はそちらで体感するのが良さそうですね。

ただし、乗り物酔いをする方は、4DXより、MX4Dの方が良いと言っている方が多い点も把握しておきましょう。

また、身長100cm以下の方は使えないのでご注意ください。

MX4D/4DXの料金

4DX…通常鑑賞料金+1,000円~1,100円

MX4D…通常鑑賞料金+1,000円 or 1,200円

MX4Dや4DXの難点は料金の高さにもあります。

さらに、最寄りの映画館が遠い場合は交通費もかかるので、鑑賞前にお財布と相談してくださいね。

「シャン・チー/テン・リングスの伝説」Dolby Cinema(ドルビーシネマ)で鑑賞する場合のポイント

Dolby Cinema(ドルビーシネマ)とは、次の三つが備わった劇場のことを言います。

ドルビービジョン(DOLBY VISION)…深い黒の表現を実現
ドルビーアトモス(DOLBY ATMOS)…3次元空間、独立した動きのあるサウンド
オーディオ・ビジュアル・パスウェイ(AVP)…劇場に入る前に、映画に合わせた動画と音声が流れる廊下が設置

映像・音・そして「劇場に入るまでの廊下」にもこだわりがある劇場となっています。

また、「黒」に徹底的にこだわるため、劇場内のインテリアも黒、そして光の反射が少ないものに特化されていてとてもこだわりがあるのも特徴です。

ただし、現時点ではまだまだ劇場数が少ないのが難点です。もしも近くにあるのなら、ぜひ一度その迫力を試してみてはいかがでしょうか?

「シャン・チー/テン・リングスの伝説」ドルビーシネマの料金

ドルビーシネマの料金は、普通の鑑賞料金+500円~600円となっています。

劇場によって違いますので、必ずご自身でご確認ください。

「シャン・チー/テン・リングスの伝説」映画概要

(C)Marvel Studios 2021
シャン・チー テン・リングスの伝説
公開日2021年9月3日
上映時間132分
監督デスティン・ダニエル・クレットン
キャストシム・リウ
オークワフィナ
メンガー・チャン
ファラ・チャン
フロリアン・ムンテアヌ
ベネディクト・ウォン
ミシェル・ヨー
トニー・レオン
wikipedia

「シャン・チー/テン・リングスの伝説」 予告

シャン・チーの予告はYoutubeで公開されています。

戦いたくないアジアのヒーローから、目が離せません。

「シャン・チー/テン・リングスの伝説」あらすじ

シャン・チーは、犯罪組織を率いる父に幼いころから厳しく鍛えられたため、最強の存在に仕立て上げられていた。

しかし従来の心根は優しい彼は自ら戦うことを禁じ、父の後継者になることを辞めて逃げ出した。

過去と決別し、サンフランシスコで平凡なホテルマンとして暮らすシャン・チー。しかし、伝説の腕輪を操って世界を脅かそうとする父の陰謀に巻き込まれてしまったため、やむなく封印していた力を解き放ち、戦いに身を投じることとなる――

なお、シャン・チーが巻き込まれる犯罪組織、「テン・リングス」は、同じくMCUシリーズのアイアンマンの中に名前が出てきていた。今回、その謎が明かされるのも、シリーズファンとしては楽しみの一つ。

エマ

でも、シリーズ全て押さえていなくても楽しめますよー!
気負わずに見に行ってね。

「シャン・チー/テン・リングスの伝説」 どの映画館でみるべき?まとめ

待ちに待った 「シャン・チー/テン・リングスの伝説」 どの映画館で観るか迷いますよね。

それぞれの違いは一言でまとめるとこちらです。

臨場感を味わいたいならIMAX
なぜなら、画面が大きく音響も良いため「迫力」が別格だからです。

・動きを体感したい方は4D (MX4D/4DX)
こちらは、動きや熱、水などを体感することができます。こちらの作品では、水しぶきや激しい動きが期待でき、遊園地のアトラクションに近いイメージで、作品を楽しむことができます。

リアルなサウンドを楽しみたい人はDolby Cinema
リアルで自然な音場と圧倒的映像美が楽しめるのがドルビーシネマ。座席数も少なく、映画に没頭できます。

映画鑑賞に必要以上のお金をかけたくない、ストーリーが楽しめればOKの方は通常版
比較するから気になるのですが、ストーリーが楽しめれば充分と言う方は通常版という選択ももちろんありです。

IMAXや4Dは追加料金がかかる……とつい尻込みする人に朗報です!

IMAXや4Dは追加料金がかかる……とつい尻込みする人に朗報です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画大好きな主婦

楽しく手軽にお得に
映画を楽しむ方法を
提案していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(クリックできます)
閉じる