>>人気の動画配信サイトはこちら<<

ドラマ「おじさまと猫」ネタバレあらすじ・感想・見逃し配信|実写化なのにぬいぐるみ?

ドラマ「おじさまと猫」ネタバレあらすじ・感想・動画配信情報

大人気漫画「おじさまと猫」が、テレビドラマ化されて話題となっています。

おじさま役は草刈正雄さん。猫は、なんとまさかのぬいぐるみ。

面白いの? って心配になっている方に、実際に観た感想・あらすじをお伝えします。

この記事で分かること

・ドラマ「おじさまと猫」出演者

・ドラマ「おじさまと猫」ネタバレあらすじ

・ドラマ「おじさまと猫」見逃し配信

目次(クリックできます)

ドラマ「おじさまと猫」作品概要

ドラマ「おじさまと猫」は2021年1月~ 毎週水曜 深夜0時58分~1時28分(実質木曜日の0時58分) テレビ東京系で放送の冬ドラマです。

原作は累計160万部をこえる大人気のマンガで、ツイッターでも話題となりました。ひとりぼっちのおじさまと猫とが出会うことでそこから始まるハートフルなストーリーとなっています。

原作:桜井海

脚本:ふじきみつ彦、伊達さん(大人のカフェ)

監督:椿本慶次郎、副島正寛

オープニングテーマ:吉澤嘉代子「刺繍」(ビクターエンタテインメント)

エンディングテーマ:阿部真央「ふたりで居れば」(ポニーキャニオン)

ドラマ「おじさまと猫」出演者

神田冬樹(草刈正雄)
世界的なピアニストだったが、妻の死後はすっかり気を落としている。
ペットショップでふくまるに一目ぼれ

ふくまる(cv.神木隆之介)
売れ残っていた猫(エキゾチックショートヘア)
ある日ふらりとペットショップに立ち寄った神田に飼われることとなる。

森山良春(小関裕太)
神田の勤務する音楽教室の同僚

佐藤もみじ(武田玲奈)
ふくまるがいたペットショップの店員

日比野奏(平山浩行)
著名なピアニスト。神田のことをライバル視している。

神田鈴音(高橋ひとみ)
神田の亡き妻。

小林夏人(升毅)
幼少期からの神田の親友。柴犬の茶子を溺愛している。

ドラマ「おじさまと猫」あらすじ【1】

すぐわかる簡単あらすじ

妻に先立たれて、気力を失っていた元有名ピアニストの神田冬樹は、ペットショップで売れ残っていたぶさいくな猫に一目ぼれ。即購入を決意する。

ペットショップで売れ残っているぶさいくな猫(cv.神木隆之介)は、もう1歳になってしまった。

このまま売れ残っているともうすぐ、ペットショップからどこかに連れていかれるようで猫は不安を抱えている。

一方、一年前に妻に先立たれた男、神田冬樹(草刈正雄)は相変わらず立ち直れずにいた。親友の小林夏人(升毅)に犬を飼うように勧められるも気が乗らない。猫は妻と一緒に飼おうという話をしていたので、とても飼う気になれない。イソギンチャクなら飼ってもいいと言い出す始末だ。

神田はかつては世界的なピアニストだったが妻の死後はそのピアノも弾けなくなっていた。

ぶさいくな猫のいるペットショップに神田はふらりとイソギンチャクを探しに来るが、見つからない。猫をすすめられるが断って帰っていく。しかし、妻の結婚指輪をつけたネックレスをうっかり落としてしまい慌てて取りに戻ってきた。

そこで、神田は売れ残っていたエキゾチックショートヘアの猫を見て一目惚れ。即購入を決意する。

ドラマ「おじさまと猫」感想【1】

眉間にしわを寄せて過去を引きずり悩んでいた草刈正雄が、猫と出会ってぱあっと笑顔になるところがとっても素敵。

こちらまでウキウキとした気持ちになれました。

ぬいぐるみではなく、本物の猫の方がより感情移入は出来たと思うんですが、いやいやこれでもキュンときてしまいましたよ。これはひとえに、草刈正雄さんの演技力と、神木隆之介くんの声によるものでしょうか?

次週が楽しみです。

私以外の人の感想はどうだったのでしょうか?

もちろん、「ぬいぐるみ、むり」という感想もありますが、好評な意見もたくさん見受けられます。

ドラマ「おじさまと猫」あらすじ【2】

すぐわかる簡単あらすじ

はじめて神田の家に来た猫は、その大きさに圧倒されつつもおじさまも「一人身」だったことを知る。
名前も「ふくまる」と決まり、二人の信頼度は増していく。
神田は音楽教室での仕事を考え始め、見事に合格。
親友の小林も、猫をきっかけに神田に笑顔が戻ってきたことをとても喜んだ。

ペットショップからはじめて連れ出された猫がついた先は、とても大きな家だった。

猫はほかの家族の反応が怖いこともあり、なかなかかごから出ることができない。

そんな猫に、神田は「ほかに家族はいない。安心して出ておいで」と声をかけた。

神田が独りだと知った猫は神田のことを「パパさん」と呼ぶ。一方、神田はねこに「ふくまる」と名前を付けた。それは、ふくまるを最初に見たときに直感で浮かんできた名前だった。

神田はふくまるのことを、親友の小林にLINEで自慢するも、小林の反応はそっけない。それどころか「犬を飼えば一緒に散歩に行けたのに。なんだ、その不細工な猫は」などと言われ、神田は腹を立てた。

ふくまるは、妻のことを思い出し、なかなか寝付けない神田のベッドにもぐりこんできた。神田のことを心配しているのだ。

ふくまるがやってきたことで気持ちを取り戻した神田は、音楽教室に面接を受けに行く。有名ピアニストの神田は、「本当にうちなんかでいいんですか?」と言われ、子供に音楽を教えた体験はないもののすぐに採用された。

キャットタワーを購入し帰宅すると、家の前で愛犬を連れた小林がウロウロしていた。

神田は小林をうちに招き入れる。小林はすぐにふくまるを気に入ったが、その抱き方が気に入らないとふくまるのほうは少し不服だ。しかし、おかしとおもちゃにつられて小林と遊ぶ。

小林は「猫を不細工と言って悪かった」と謝り、神田に笑顔が戻ってきたことを心より喜んだのだった。

ドラマ「おじさまと猫」感想【2】

小林が飼っている愛犬は本物の犬! 対して、ふくまるはやはりぬいぐるみ……

草刈正雄さんの演技力が試されているような気もしますが、そこはやはり俳優さん。全く不自然さは感じません。ふくまるも、意外と動いたり表情があったりするのでほっとしました。

お話自体は、ハートウォーミングで見ていて安心しますし、ほっこりします。そして、神田が妻のことを思い出し、胸を痛めているときはこちらまで胸が痛くなります。

やはり、このドラマを楽しめるかどうかはぬいぐるみであるふくまるをどれだけ受け入れられるかに掛かっているような気がします。

皆様の感想はどうでしょうか?

好きな人しか見ていないのか、好意的な声が多いですね。

ぬいぐるみを利用してもなお、みんなをキュンとさせる力がすごいです。

中には、「ふくまるはブサイク設定なのに声がイケメンなので脳がバグる」という意見もありました。

来週は神田が仕事をはじめることで、登場人物がぐっと増えそうですね。期待です。

ドラマ「おじさまと猫」あらすじ【3】

新しい職場に初出勤する神田(草刈正雄)は、そわそわした様子で着替えている。家に置いていくふくまる(声:神木隆之介)のことが心配で仕方ないのだ。そんな神田を励ますように、一人で待てると意気込むふくまるだったが、いざ神田が出ていくと寂しさでいっぱいに…。一方、新しい職場・音楽教室で、同性の職員が来たと喜ぶ森山(小関裕太)から、歓迎会をしようと声をかけられるが、ふくまるのことが心配でたまらない神田は…!

公式サイトより

ドラマ「おじさまと猫」原作

「おじさまと猫」の原作は桜井海先生原作の漫画です。

一部はこちらで無料公開されていますので、読んでみてはいかがでしょうか?

エマ

もちろん、購入して手元に置いておくのもいいよね

ドラマ「おじさまと猫」見逃し配信

ドラマ「おじさまと猫」は 動画配信サービス Paravi で独占先行配信中。

見逃し配信はもちろん、一足先に来週放送分のストーリーも観ることができるんです。

Paraviは14日間無料でお試しできます。

ドラマ「おじさまと猫」ネタバレあらすじ・感想・動画配信情報

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画大好きな主婦

楽しく手軽にお得に
映画を楽しむ方法を
提案していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(クリックできます)
閉じる